結婚式での服装のマナーは?靴は何でもいい?ヘアスタイルはコレ!

結婚式に招待された!あら大変!まずは痩せなくちゃ?(笑)

結婚式に着て行く服装って、マナーとかあるんだろうな。

靴は何でもいいの?ヘアスタイルもきちんとしなくちゃ。

そんな情報をお伝えします。

 

スポンサードリンク

 

結婚式での服装のマナーは?

招待客として恥をかかないよう、マナーは知っておきたいものですね。

これは誰でも周知のことかと思いますが、まず「」の服装は絶対にNGです。

そして、ミニ過ぎる丈のスカートや露出度の高いデザインのものも避けましょう。

もうひとつ、全身「真っ黒」の服装も、マナー違反ではないのですが、「喪服」をイメージさせてしまうことがあるため、こちらも少し気を使った方がいいですね。

黒以外のボレロを合わせるなど、差し色を意識してみましょう。

 

ノースリーブのドレスなどは、ショールやボレロなどを羽織り、露出を抑えれば問題なしです。

ドレスやワンピースの着丈は、膝下丈ぐらいのものがベスト。

 

近年はレストランウェディングなども多くなっていますが、あまりカジュアルになり過ぎないようにしましょうね。

ちなみに、「平服でお越しください」と言われたとしても、「普段着」でという意味ではありませんよ。

ジーンズなどでは恥をかいてしまいます。

女性ならスーツやワンピースで問題ありません。

結婚式での靴は何でもいい?

わりと靴は服装に合っていれば、基本は何でも大丈夫と思っている方が多いのでは?

実はNGなものもあるんです。

ヒールが5cm以下のものは、カジュアルな雰囲気になり過ぎてしまうため、避けましょう。

そしてつま先が見えるようなミュールや、ロングブーツなどもNGです。気をつけてくださいね。。

あと、レザーファー(皮・毛皮などは殺生を連想させる)も結婚式ではあまりおすすめしません。

とはいえ、慣れない、しかもヒールの高い靴を履き続けていると、足を痛めてしまったり靴擦れなども起こしてしまうかもしれませんね。

行き帰り用に履き替えられる靴を持参しておいたり、痛くならないような中敷きを使用すると安心です。

 

スポンサードリンク

 

結婚式でのヘアスタイルはコレ!

髪型にもマナーがあるんですよ。

ロングやミディアム丈の髪型の方は、アップスタイルかハーフアップにしてスッキリまとめましょう。

結婚式の主役は花嫁さんです。

派手すぎるヘアアクセサリーや大きすぎるもの、お花をモチーフにしたものも避けましょう。

 

自分でできるヘアアレンジを動画で見てみましょう。

【ロングヘアの方】

 

【ミデイアムヘアの方】

 

【ショートヘアの方】

 

どうでしたか?出来そうなアレンジは見つかりましたか?

 

まとめ

冠婚葬祭は色々なマナーがあり、知らないと恥をかいてしまうこともありますよね。

でもNGなことだけでも知っておけば、ずいぶん悩みが減りませんか?

せっかくおめでたい席にお呼ばれしたなら、新郎新婦へのお祝いの気持ちはもちろんマナーも守りながら幸せな時間を共有しましょうね。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!