夏はエアコンが寒い!乾燥対策や体調管理も大切!

夏のエアコン、特に女性は寒さや乾燥が気になりますよね。

でも近年の暑さと言ったら、さすがにエアコンなしでは厳しい・・・。

夏バテの原因にもなってしまいますので、体調管理をしっかりして元気に夏を過ごしましょう!

 

スポンサードリンク

 

夏はエアコンが寒い!

職場やお店、電車などの室内ではしっかりとエアコンが効いていて、暑い外から入った時は快適~!と思いますよね。

外の暑さを考えたら、これだけ快適に涼しく感じるということは、この室内にいたらどんどん寒く感じるのも無理はないですね。

食事の為にお店に入り、「食後にアイスコーヒー」と注文しておきながら、途中で寒くなり「やっぱりホットコーヒーに変更してください」と言ったことが何度かあります(笑)

 

特に女性は男性より筋肉の量が少なく脂肪が多いということで、男性よりも寒く感じる人が多いと思います。

 

自宅ではなく、自身で温度設定など出来ない外の場合。

夏でも薄いストールやバッグに入れられるような薄手のカーディガンなどを普段から持っておくと、とても便利です。

足元が冷えてしまう時はアキレス腱を伸ばしたり、座ったままかかとを上げ下げし、ふくらはぎの筋肉を動かすようにすると効果的。

  

自宅ではどうしても暑いとエアコンを使用してしまうので、着圧ソックスを履いて足元だけでも冷えないようにしています。

あと夏こそ温かい飲み物や食事を摂ることで、エアコンでだる~くなってしまった身体を優しくケアできます。

キンキンに冷えた飲み物ではなく常温で飲むだけでも、身体への負担はかなり減りますよ。

夏に冷たい物を摂らないようにするだけで、実は冬の冷え症にもかなり効果がありますので、冬の冷えに悩んでいる方はぜひお試しください。

 

 
 

※他にも ↓↓↓ 参考にしてみてくださいね。

白湯の効果は健康にも美容にも!好転反応って?期間は?

 

夏のエアコン 乾燥対策!

冬でもないのに、エアコンが効いた室内では喉や目、お肌の乾燥が気になります。

夏は紫外線を浴びてしまい、肌の保水成分が低下するのも乾燥の一因です。

そのため夏こそ保湿が大切になってきます。

 

顔の乾燥を防ぐためのクリームやミスト等を使用し、のど飴を舐めたりして対策しています。

ただミストは、使用直後は潤う感じがするのですが、表面が乾いてくるとさらに乾燥してしまうのであまりおすすめはできません。

 

可能であれば、マスクの着用も喉やお肌には効果があります。

マスクは冬でも乾燥や寒さから守ってくれるため重宝するのですが、夏でもエアコンの効いた室内では耐えられるのはないでしょうか。

春の花粉の時期は、どんどん暖かくなってくるとマスクがとても暑く感じました(>_<)

 

自宅では、洗濯物や濡れたタオルを室内に干したり、観葉植物を置くのも効果的。

観葉植物には加湿効果があるようで、乾燥すると水分を出し湿度を上げてくれます。

立派な加湿器より効果が低くても、緑があるだけでインテリアとしても癒しにもなるのでおすすめです。

 

おそらく暑い時は問題ないと思いますが、エアコンの効いた室内にいる時に忘れがちな水分補給はしっかりしてください。

そんなに汗もかかず暑いと感じない時、水分補給を忘れがちで乾燥を招いてしまう恐れがあります。

日中だけじゃなく、寝る前や起床時にもしっかりと水分を補給しましょう。

ただしコーヒーや緑茶などのカフェインは身体を冷やすと言われており、代謝が悪くなることで乾燥しやすい状態になってしまいますのでほどほどに。

 

※他にも ↓↓↓ 参考にしてみてくださいね。

乾燥肌の対策にいいクリームは?お風呂で!しわも気になる!

乾燥肌の改善方法は?どんな化粧水がいい?こんな食べ物が効く!

さつまいもの美肌効果って?栄養が美容に最適な理由!レシピもご紹介♪

ドライアイの症状をチェック!原因や対策を知ろう!

 

スポンサードリンク

 

夏のエアコン 体調管理!

クーラーの効いた所にずーっといると、夜には体がだるくなったり疲れやすかったりむくんでしまったり。

何となくスッキリしない毎日・・・ということがあります。

冷たい物ばかりを摂ってしまうことで、夏バテも引き起こしてしまいます。

 

夏は熱中症の危険や寒さから来る体調不良にも悩まされますね。

いずれも水分補給と冷やし過ぎないことに尽きるのですが、しっかりと睡眠を取ることも大切です。

また冷たい物を摂り過ぎてしまい、胃腸の調子が悪くなる人も多いのではないでしょうか。

そんな時は温かいスープなどで胃腸を休め、体を労わってあげましょう。

 

あまりの暑さで寝苦しかったり、エアコンで冷やし過ぎたりと、環境に対するストレスも体調を崩す原因となってしまいます。

夏はシャワーで済ませてしまう人も多いと思いますが、夏こそ湯船にしっかりと浸かり1日の疲れを取っていただきたいです。

お風呂上がりはどうしても汗が出てしまいますが、水分補給をしっかりすることで、シャワーで済ませるよりもずっと体の調子が良くなるはずです。

 

エアコンが乾燥や冷えを招くといっても、特に夏は必要なものでもありますよね。

夜間熱中症と言って、寝ている間に脱水症状に陥ることもあるようですので、うまく利用してほしいなと思います。

エアコンはつけたり切ったりするよりは、つけっぱなしの方が電気代も節約できますので、就寝中は28度設定など冷えすぎない温度でつけておくのがおすすめです。

 

夏場の水分補給は同時に塩分の摂取も大切です。

今では塩分を補給できる飴なども売られていますよね。

余談ですが、スポーツドリンクなどの塩分も補給できる飲み物と一緒にこういった飴も同時に舐めていると塩分過多になってしまい、血圧が一気に上がる可能性もありますので、注意してくださいね。

可能な限り汗をかくことも大切ですよ。

 

まとめ

ここ近年の夏といえば、猛暑、酷暑、熱中症など、私たちの体にとって負担の大きな環境になってきていますよね。

そのため、便利なグッズや食べ物、飲み物等もさまざま売られています。

きちんとした知識を身につけ、そういった便利なものを活用しつつ厳しい夏を乗り越えられたらいいですね!

太陽が元気にしてくれる活動的な季節。健康的に楽しく過ごしましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!