インフルエンザは妊婦にこんな影響!予防接種は?治療は?

大切な命を育んでいる妊婦さん。インフルエンザには特に注意したいですね。

インフルエンザが妊婦さんに与える影響ってどんなものでしょう。

もしかかってしまったら、どんな治療をするの?

予防接種は受けた方がいいのでしょうか?

心配される疑問について、探っていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

インフルエンザは妊婦さんにこんな影響!

体にダメージが大きいインフルエンザですが、妊婦さんにはどんな影響があるのでしょうか。

妊娠中は、つわりなどで体力が落ちていたり、免疫力も落ちてしまいます。

そのため、妊娠していない人に比べると重症化してしまうことがあります。

 

怖がらせるつもりではないのですが、妊娠初期の場合、流産や早産のリスクも少なからずあるようです。

お腹の赤ちゃんに影響があるかどうかは、明確にはなっていないようですが、直接的に影響はないとされています。

 

39度以上の高熱が何日も続いたりしない限り、赤ちゃんへの影響はとくにありません。
(何日も高熱を放置することはないと思いますので)

とにかく、「水分補給」をしっかり心がけてください。脱水状態は、赤ちゃんにもよくありません。

赤ちゃんへの影響はないと考え、まずは心を穏やかに持つこと。体を労わってあげてください。

 

少し発熱(微熱程度)した時点で、すぐに病院に行くのは、おすすめしません。

病院には色々な病気の方がいるため、逆にウイルスをもらってしまう場合があります。

少し様子を見て、38度を超えるような高熱になれば、すぐに受診してください。

 

また、風邪っぽい症状が出た時に、市販の風邪薬や解熱剤、置き薬などは自己判断で飲まないようにしましょう。

妊娠中であることを伝えれば、赤ちゃんに影響のない薬をきちんと出してくれます。

 

インフルエンザ 妊婦さんは予防接種すべき?

インフルエンザのワクチンには毒性がないため、母子ともに極めて影響は少ないとされています。

反面、妊娠初期は、胎児が安定していないため、避けた方がいいという意見もあります。

それぞれ体質も違いますので、産婦人科医に相談して決めてくださいね。

特に、喘息などの呼吸疾患や、普段から風邪を引きやすい人は、予防接種を受けることが望ましいです。

 

予防接種は、妊娠中のママさんだけでなく、生まれてくるお子様も守ることができます。

ワクチン接種後、2週間ほどで体内に抗体ができるのですが、この抗体が胎盤を通して赤ちゃんにも届きます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月ごろまで、ママから受け取った抗体に守られるんです。

 

とにかく、母子ともに健やかでいるためには、インフルエンザにかかるリスクを減らす「予防」が一番大切ですね。

インフルエンザにかからないような、体作りと生活習慣を身につけましょう。

  • 人ごみを避け、外出する際はマスクを着用すること
  • 帰ったら手洗い、うがいを徹底する
  • ウイルスに感染しやすくなる、冷えや乾燥に注意する
  • しっかりと睡眠を取る
  • 抵抗力をつけるため、バランスの良い食事を心がける・・・etc
 

※乾燥、加湿器については↓↓↓こちらも参考にしてみてくださいね。

加湿器の効果的な置き場所は?電気不要の物はどう?アロマ付きも!

  

アロマオイルを使用するのもおすすめです。

アロマオイルには、殺菌・抗菌作用や免疫力を高める作用が期待されます。

特に、インフルエンザや風邪におすすめの精油は、「ティートリー」「ラベンダー」「ペパーミント」「ユーカリ」などです。

マスクやハンカチ、ティッシュに1、2滴たらして持ち歩いたり、お風呂に数滴垂らすなどの
芳香浴」がお手軽です。

 

まずはインフルエンザにかかってしまわないよう、普段の生活に気をつけることが一番ですよ。

 

※他にも ↓↓↓ 参考にしてみてくださいね。

インフルエンザ 赤ちゃんの予防接種は?親がかかると?治療は?

インフルエンザの症状 期間は?子供がかかると?予防接種後は?

  

スポンサードリンク

 

インフルエンザ 妊婦さんの治療って?

もしインフルエンザにかかってしまったら。

抗インフルエンザ薬(タミフル・リレンザ)は、赤ちゃんに影響がないと言われており、48時間以内であれば、重症化を防ぐためにも服用した方が良い薬です。

抗インフルエンザ薬は、インフルエンザのウイルスを消滅してくれるというより、増えないよう食い止めて、重症化を防ぐという効果があります。

そのため、48時間以内の服用というのが重要になってきます。

ただ、自然治癒をすすめ、お薬を出さない病院もあるようですので、判断はお医者さんにゆだねられるのかもしれません。

 

妊娠中は、赤ちゃんへの影響を心配するあまり、薬は一切飲まないと思っておられる方も多いと思います。

その意識でいるのは良いことだと思いますが、その意思が逆に赤ちゃんを危険にさらすこともあり得ます。

むやみに恐れず、お医者さんの話に耳を傾け、リスクが少ない方法を選択してくださいね。

 

軽い症状のうちは、産婦人科を受診してもいいと思うのですが、発熱していたり咳が出たりしている場合は、他の妊婦さんへの影響も心配されます。

その時は、近くの内科へ受診することをおすすめします。

その際、妊娠しているということを必ず伝えしましょう。

 

妊婦さんご自身の体力や免疫力の低下により、体には大きくダメージがあるかと思いますが、そこはしっかりと治療をして、不安や心配な気持ちを持ちすぎないようにしてくださいね。

 

まとめ

インフルエンザは誰でもツライものですが、特に妊娠中のママさんにとっては、二人分の命を守らなければいけません・

ウイルスに負けない体力も、十分つけておく必要がありますね。

特に乾燥には注意して、マスクはたくさん買い置きしておいてくださいね。

母は強し!でこの冬を乗り切りましょう!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!