乳児湿疹を繰り返す原因は?いつまで?対策法はある?

赤ちゃんの乳児湿疹、肌が乾燥したりかゆかったり、可哀想ですよね。

乳児湿疹を繰り返す原因って何なの?この症状っていつまで続くのでしょう?

おすすめの対策法があれば知りたいですよね。

そんな情報をご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

乳児湿疹を繰り返す原因は?

赤ちゃんの顔や体にできる湿疹は、総称して「乳児湿疹」といいます。

あせもやおむつかぶれ、アレルギーやアトピーなども湿疹ができたりしますね。

症状の度合いは大人と同じで、ニキビができやすい人そうでない人がいるように、体質によっても異なってきます。

 

乳児湿疹は繰り返しやすいもの。

治ったからといって対策を怠ってしまうとまた発生してしまいます。

原因が分かっていればその対策を続けていけばいいのですが、そうでなければ、治まったと思っても繰り返してしまいます。

 

湿疹の原因はいくつかありますが、主に3つの原因を挙げてみます。

  • 皮脂の過剰分泌

  生後3ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんは、「脂漏性湿疹」といって、ホルモンのバランスによって皮脂の分泌が盛んになってしまうことで起こる湿疹が、多く見られます。

  これはお腹の中でお母さんから受け継いだ、女性ホルモンの影響を受けて成長するためです。

  この皮脂が原因の湿疹の場合、いずれ治っていきます。

 

  • 肌の乾燥

  皮脂の過剰分泌が収まってくると、次は逆に乾燥状態になってきます。

  こちらは生後3ヶ月ぐらいから。

  大人と違い肌のバリア機能が弱いため、ちょっとした摩擦でも湿疹ができてしまったりします。

 

  • アレルギーによるもの

  母乳の場合、ごくわずかですが、お母さん自身が食べているものに原因がある場合があります。

  病院で検査し、その場合はお母さんが食べているものに注意していく必要がありますね。

 

赤ちゃんのお肌はすぐに乾燥してしまいます。

治った!と思っても考えらえる原因にしっかりと対策をして、予防してあげることも大切ですね。

乳児湿疹を繰り返すのはいつまで?

乳児湿疹は、早いと生後2週間ぐらいから症状が現れます。

前述したように、ホルモンバランスによる皮脂の過剰分泌が原因の場合は、いずれ症状は治まってきます。

 

2~3ヶ月を過ぎると、主に乾燥が原因であることが多いのですが、タオルで拭いたり肌着と擦れたり、ちょっとした摩擦でも起こってしまいます。

こちらも、1歳~2歳ぐらいまでには、治ることがほとんどです。

症状や治る時期には個人差があるため、一概には言えませんが、ほとんどの乳児湿疹は、
肌が強くなってくる1歳前後には、改善します。

 

こうした生後間もない赤ちゃんの湿疹は、「胎毒」と言って、お母さんの身体の中の余分なものを、赤ちゃんが出してくれているとも言われています。

乳児湿疹は、赤ちゃんの肌が強くなってくれば治まってくることがほとんどです。

生後間もなくはほとんどの赤ちゃんが乳児湿疹を経験します。

焦らず気長に付き合っていきましょう。

 

スポンサードリンク

乳児湿疹を繰り返す対処法はある?

先ほどからの乳児湿疹の主な原因となっている症状について、対策法をご紹介しましょう。

 

  • 皮脂の過剰分泌について

  皮脂の分泌を抑えることはできないので、余分な皮脂を溜めないように、常に「清潔」にすること。

  額や眉毛、生え際などに黄色がかった、かさぶたやフケのような湿疹がびし~っとできます。

  お風呂の前にベビーオイルやオリーブオイルをガーゼに浸し、それを30分ほどあてておき、かさぶたをふやかしてから優しく洗うようにしましょう。

  十分に泡立てた石鹸(低刺激のもの)で、ゴシゴシこすらないよう丁寧に洗っていきます。

  かさぶたは無理に剥がそうとせず、自然に剥がれるのを待ちましょう。

 

  • 肌の乾燥について

  やはり保湿!これに尽きます。

  お風呂に入るだけでも肌は乾燥しますので、あまり長時間にならないよう気を付けましょう。

  そしてお風呂から出たらなるべく早く(10分以内)保湿してあげるようにしましょう。

  赤ちゃん自身の保湿も大切ですが、部屋の湿度にも気をつけてみてください。

  加湿器でも良いですが、洗濯物などを部屋に干しても湿度は上がります。

 

  • アレルギーによるものについて

  お父さんお母さんがアレルギー体質であれば、乳児湿疹が出る可能性も高くなります。

  生後4ヶ月を過ぎても強い湿疹がある場合、離乳食を始めるためにも一度アレルギー検査を受けておくことをおすすめします。

  卵やミルクは軽く反応出ることが多いのですが、あまり意味のない反応であることが多く、成長するとなくなることも多いので心配し過ぎないように。

 

母乳は、血液から作らていますよね。

そのためお母さんの摂る食事によっては、母乳の質に少なからず影響を与えると思います。

たとえ赤ちゃんにアレルギーや湿疹として現れなくても、油っこい物、甘い物、添加物いっぱいの加工品などをお母さんが多く摂っていると、赤ちゃんにも良いはずがありませんよね。

お母さんの健康面も意識してくださいね。

 

赤ちゃんの湿疹は、食べこぼしなどが刺激になる場合もありますので、食事の前に、口の周りにワセリンなどを塗って、保護しておくと良いでしょう。

また、湿疹は汗も刺激となる場合がありますので、肌着はこまめに替えてあげてください。

赤ちゃんが掻きむしってしまわないよう、爪は丸く短く切っておきましょう。

乳児湿疹は、治るものです。安心してくださいね。

 

★ママアンドキッズ ベビー全身シャンプー

ママの胎内環境をイメージし、産院でも使われているベビーソープです。

 

★エトヴォス ベビーソープ

アミノ酸系の洗浄成分を使用し、保湿成分にはたくさんのアミノ酸を配合したベビーソープです。

 

まとめ

乳児湿疹は、肌の状態が悪化しないようケアしながら、赤ちゃんの肌が強くなるのを待つ。

症状は人それぞれ。治り方も時期もさまざま。

神経質になり過ぎず、赤ちゃんのツラさが少しでも和らぐよう、ケアしてあげてくださいね!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!