クリスマスのイルミネーションの飾り方って?通販で!電気代は?

クリスマスの時期になると、住宅街などで綺麗にイルミネーションが飾られているのを見かけますね。

年々バージョンアップしているような気もします。

今年はご自宅でイルミネーションを飾ってみるのはいかがですか?

飾り方や、おすすめの通販、電気代ってどのぐらいかかるの?という疑問などにお答えしていきます。

 

スポンサードリンク

 

クリスマスのイルミネーション 家での飾り方って?

皆さん、ご自宅で綺麗に飾り付けがされていますが、どんな方法でやっているのでしょう?

初心者の方は、吊るすタイプや巻くタイプが、比較的簡単で取り付けやすいと思います。

イルミネーションライトには、ストレートタイプやつらら、カーテンタイプなどがあります。

ストレートタイプは、上からでも下からでも巻きつけるだけでOK!

カーテンタイプは、壁などにフックで取り付けたり、2階から垂らしたりすると豪華になります。

とてもシンプルで簡単なものといえば、LEDライトで飾り付けた「リース」を玄関ドアに飾る。

さりげなく光って綺麗ですよ。

LEDタイプを使用すると、熱くならないので、リースや植物などが燃える心配もありません。

屋外で使用する場合は、防雨、防滴など、屋外用を使用してください。

コントローラーは防水仕様ではないので、防水のための処置をしましょう。

 

クリスマスのイルミネーションは通販で!

イルミネーションは、ホームセンターなどでも購入できますが、
通販だと使い方なども載っていますし、ゆっくり探せて良いですよ。

いくつかおすすめのものをご紹介します。

 
●電池式イルミネーションとオーナメントがついたお得なセットです。 

 
●ソーラータイプなので電気代は0円!
 明るさセンサー付きで、暗くなったら自動点灯します。防雨構造なので屋外での使用も可能。

  
●防滴仕様 カーテンタイプの1120灯イルミネーション。
 超BIGサイズ!長さなんと2.9m!8段階点滅スピード切り替えコントローラー付きです。

 
●点灯パターンは8パターン内蔵。LED球数は100球(高輝度拡散加工)
 パターン制御コントローラー(メモリー機能付)

 
●屋内、屋外を問わずに使えるLEDテープライト。
 防水仕様で、寸法は幅22mm 厚み5mm 長さ5m

 
●柔らかいチューブにライトを埋め込み密封したロープライト。
 LED総数は600球、ロープライト長(約):10M

 
●裏側に吸盤がついています。窓にくっつけてお手軽に。
 ゆっくりと7色に変化するロマンチックなイルミネーション!

 

大がかりなものじゃなくても、シンプルに少し飾り付けをするだけで、クリスマス感は十分出ます!

出来そうなものから、やってみてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

クリスマスのイルミネーション 電気代ってどのくらい?

ご自宅でイルミネーションを飾ると、ちょっと心配になるのが電気代ですよね。

まず、節電を考えるなら、1日の点灯時間をしっかり決めておきましょう。

買うライトが決まったら、どのくらいの電力を消費するのか、どのくらいの電気代をかかるのか
計算しておきます。

コンセントやライトに表示してある「消費電力」から、1ヶ月のおおよその電気代は
以下のようにして計算ができます。

1ヶ月の電気代=(使用する消費電力)×(1日の点灯時間)×30日×27円
 ※電力料金目安単価を27円/kwとして計算した場合。

大前提として「LED」のイルミネーション(電気代は白熱電球の約1/5!)を
使用するとします。

例えば、消費電力:約12Wのイルミネーションを1日5時間、1ヶ月使用した場合。

12W (使用する消費電力)× 5時間 (1日の点灯時間)× 30日=1800W(1.8kw

1.8kw×27円=約47円!!

 

いかがですか?個人的には、想像していたより安く感じました。

 

また、電気代のかからない、「ソーラー」タイプのイルミネーションもありますので、
そちらも検討してみてくださいね。

 

まとめ

見物客ができるほど、豪華に立派に飾り付けをされているお宅も多くありますが、まずは少しずつ。

手を付けられるところから、さりげなく飾ってみるのも良いと思います。

イルミネーションはカラーも色々ありますので、その辺りも考慮しながら
素敵な飾り付けが出来るといいですね!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!