万博跡地 エキスポシティの施設や店舗は?アクセスは?

万博(大阪 エキスポランド)の跡地にオープンする、大型複合施設のエキスポシティ!

エキスポランドが閉園されてからは寂しかったので、とても楽しみですね!

どんな施設や店舗があるのでしょう?

アクセス方法などもご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

万博跡地にできるエキスポシティの施設や店舗は?

いよいよ 2015年11月19日(木)、西日本最大級の大型複合施設 「EXPOCITY」がオープンします!!

 

西日本最大級というだけあって、規模の大きさがハンパないです。

7つのアミューズメント施設と「ららぽーとエキスポシティ」から構成され、ららぽーとと3棟の立体駐車場棟、さらに映画館や水族館の独立した複数の建物があります。

 

1.NIFREL(ニフレル)

海遊館がプロデュースした、水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、まるでアートを楽しむように「生きものを魅せる」工夫がされています。

テーマごとに世界観の異なった7つのゾーンもあり、カフェやショップにも、五感でワクワクできるような内容となっています。

 

2.ポケモンEXPOジム

ポケモンが、国内で初めてプロデュースする体験型施設。

ポケモンと一緒に遊ぼう、学ぼう!ということで、独自に開発された強化プログラムで、子どもたちのコミュニケーションスキルを育みます。

 

3.(仮称)Osaka Wheel(オオサカ ホイール)

高さ120m超を誇る、日本一の大観覧車です。

※観覧車は、2016年春営業開始予定です。

先行して、オフィシャルショップやレストランは営業が始まります。

 

4.109 シネマズ大阪エキスポシティ

世界初!「次世代 IMAXシアター」と「4DX」の2つのシアターが併設されています。

 

メインシアターは、次世代 IMAX。高さはビル6 階建てに匹敵する18m超、幅は26m超の日本最大の
巨大スクリーンに、高解像度の4Kツインレーザープロジェクター!

通常の映画館では再現できなかった明るさ・コントラスト・カラーを鮮明に映し出し、
まるで映画の中にいるかのような映像体験を味わえます。

 

「4DX」は、シーンに合わせるように、「動く座席」「吹きつける風」「漂う香り」「まばゆい閃光
降りかかる水しぶき」などの15種類の特殊効果により、リアルな刺激が観客を直撃します。

 

5.オービィ大阪(Orbi Osaka)

※2016年初頭、営業開始予定です。

先行して、オフィシャルショップやレストランは営業が始まります。

大自然超体感ミュージアムで、セガの革新的エンターテインメントとBBC Earthの専門知識と映像制作力を融合した共同プロジェクトです。

大小様々な体験を通して、知らなかった地球を発見する「エンタテインメント・エキシビション」、
大迫力のスペシャルシアターで、地球・生命の魅力に感動する「シアター23.4」、オフィシャルショップやレストランで構成されています。

 

6.OSAKA ENGLISH VILLAGE(オオサカ イングリッシュ ビレッジ)

アメリカの文化や日常を通して楽しみながら学べる、体験型英語教育施設です。

子どもだけでなく大人も利用でき、英語ネイティブの講師と一緒に、アメリカの歴史・文化・祝祭・
日常生活
をベースにした多様なシチュエーション別の英語表現を学び、練習できます。

 

7.ENTERTAINMENT FIELD(エンターテイメント フィールド)

ららぽーとエキスポシティの中にある、イギリス発のアニメ「ひつじのショーン」をテーマにした
体験型施設です。

ひつじのショーンの世界をイメージした「スライダー」や「吊り橋」、「ターザンロープ」、ショーンに
会うことができるステージ等、ひつじのショーンの世界観をそのまま再現し、ひつじ達になった気持ちで
楽しむことができる空間です。

 

8.ANIPO(アニポ)

動物たちの移動遊園地 ANIPOでは、空飛ぶ自転車に乗って空中散歩を疑似体験できるアトラクションや、水鉄砲を使って水遊びを楽しめるアトラクションがあります。

幼児から楽しめるエアードームやミニ汽車など、遊びがいっぱいのゾーンです

 

9.ららぽーとEXPOCITY

305 店舗のショップが出店!

その中でも、「関西初出店」の店舗が47店舗、「国内初出店」の店舗もあります!

外部のレストラン棟「EXPO KITCHIN(エキスポキッチン)」には、EXPO’70で提供された料理を再現する「万博食堂」もあります。

3階フードコート「FOOD PAVILION(フードパビリオン)には、世界各国のグルメが勢ぞろい。

さらに、スーパーマーケット「イズミヤ」まで!

 

  • ファッション(91店舗)
  • 雑貨(96店舗)
  • ベビー・キッズ・ジュニア関連(19店舗 )
  • サービス・その他(27店舗)
  • レストラン・カフェ(25店舗)
  • フードコート(17店舗)
  • スーパーマーケット・食物販(18店舗)
  • 別棟 RHC (1店舗)
  • 別棟 H.L.N.A ZONE(11店舗 )

※ショップ一覧につきましては、公式サイトをご確認ください。

公式サイト → http://www.expocity-mf.com/

 

スポンサードリンク

 

万博跡地にできるエキスポシティのアクセス方法!

電車でも行きやすい場所です。

駐車場もかなりの台数が停められますが、これだけの規模ですので、かなりの混雑が予想されます。

混雑を避けるには、公共の交通機関の方が無難かも?

 

住所:大阪府吹田市千里万博公園地内23-17

駐車台数:約 4,100

 

大阪モノレール「万博記念公園駅」「公園東口駅」が便利です。

地下鉄、北大阪急行、阪急などの沿線からは、大阪モノレールに乗り換えて行くことが可能です。

一方、JRは接続する駅がないため、下記のいずれかの駅から向かいましょう。

阪急:南茨木駅山田駅蛍池駅、地下鉄御堂筋線:(北大阪急行)千里中央駅、地下鉄谷町線:大日駅、京阪本線:門真市駅

 

新幹線の場合、「新大阪」から、地下鉄御堂筋線(北大阪急行)で千里中央駅まで行き、そこから大阪モノレールで「万博記念公園駅」下車してください。

 

交通の便もいいので、駐車場のことを気にする必要もないので、ぜひ電車で行ってみてください。

 

まとめ

はたして1日で楽しみきることができるのか、と思えるほどの大規模な施設ですね。

体験型のものも多く、特徴を見ただけでも行きたくなってくるポイントがたくさん!

かなりの混雑だとは思いますが、オープンしたらぜひ行ってみたいですね。

楽しみ~!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!