秋バテの症状や時期は?原因はコレ!秋バテ対策の食事を紹介!

そろそろ夏も過ぎようとしているのに、まだ不調が続いている方。

それって、夏バテならぬ、「秋バテ」かもしれません!

秋バテってどんな症状なの?原因は?

食事での対策方法などをお伝えしていきます。

スポンサードリンク

秋バテの症状や時期は?

9月も終わりの方になるとボチボチ暑さも和らぎ、やっと食欲も回復!となるかと思ったら、そうでもない。

「なんだかまだダルさが続くなぁ・・・」「夏の不調を引きずっている」という方。

秋バテ の可能性がありますねぇ。

秋口になり涼しくなって快適なはずなのに、食欲がない、体がだるい、倦怠感など、夏バテのような症状が続く状態。

夏の紫外線で、頭皮に負担が掛かって起きる「抜け毛」のような症状も特徴的なんです。

 

    その他の症状はこちら。

  • いつも肩こりがある
  • やる気が起きない
  • 寝起き、寝付きが悪い
  • 常に眠い
  • 偏頭痛がある
  • めまいや立ちくらみがする…etc
 

涼しくなってきたのに、不調が続くようなら、対策をして改善していきましょう!

秋バテの原因はコレ!

朝晩が涼しくなってきたのに、エアコンや冷たいものの摂り過ぎなど、夏の習慣のまま過ごしていませんか?

冷たいものの食べ過ぎや飲み過ぎなどで、内臓が冷えてしまい、血行不良や食欲不振にもつながります。

 

また、日中から夜にかけての温度の変化など、寒暖差を繰り返すと自律神経が乱れ、体温調節ができなくなってしまうんだとか。

秋になると、気圧が低くなります。低気圧になると空気中の酸素濃度が薄くなる為、自律神経も不安定になりがちです。

その結果、体調を崩しやすくなり、夏のダメージが、一気に「 秋バテ 」となってあらわれてしまうんですね。

そのうち治る・・・と簡単に考えていると、様々な症状に悩まされ、大きく体調を崩す可能性もあります。

今一度、生活習慣を見直し、改善に努めましょう。

スポンサードリンク

秋バテ対策の食事をご紹介!

バテてしまった心身を元気にするため、まずは食事から対策をしてみましょう。

 

まずは、ビタミンB群

バランスを崩した自律神経のために、神経の働きを安定させるという働きがあります。

特にビタミンB1は疲労回復にも役立つ栄養素なので、「 豚汁 」などがおすすめ。

ビタミンBが豊富な食材で一般的なものは、レバー、卵、牛乳、納豆、マグロ、にんにくなどがあります。

あと、根菜類をたくさん取り入れた「 スープ 」は、身体を温め、野菜の栄養を逃さず摂取できるので、冷えた内臓にも優しく効きますね。

体がだるい時は、コーヒーや緑茶を飲むと、交感神経が活発になるので、だるさが和らぎます。

また、ヘビーに感じられるかもしれない「 カレー 」もおすすめなんですよ!

体を温め、食欲が増進するため、体力の回復にも役立つからです。

胃腸が弱っているようなら、おかゆや雑炊、うどんなど、温かくて胃に優しいものを食べてくださいね。

そして次は、体力を回復するため、疲労回復などに効く、ネギやにんにくなどを食べるようにしてください。

 

アルコールなども常温で飲むようにし、体を冷やさないよう努めてくださいね。

まとめ

夏バテしなかった人も、秋バテしないとは限らないですよ。

夏は何とか乗り切った!って人は特に、秋になってガクンと不調になることもあります。

自分の体にしっかりと向き合って、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かり、しっかり睡眠をとるなど、十分に体を労わってあげてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!