白湯ダイエットの効果とは!?方法が知りたい!飲むタイミングは?

数々の芸能人が飲んでいるとされる「白湯(さゆ)」の効果が凄いと話題になっています。

ダイエットだけでなく、美容や健康にも素晴らしい効果を発揮するとのこと。

一番気になるダイエットの効果はどんなものなのでしょう?

白湯ダイエットの方法や飲むタイミングについてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

白湯ダイエットの効果とは!?

まず 白湯(さゆ)とは、一度沸騰したお湯を冷ました(ぬるくした)もの。

インドのアーユルヴェーダでは、毒素を排出する消化剤とも言われています。

 

特に効果を発揮するのは?

 

  • 脂肪燃焼

  内臓機能が温まることで免疫力がアップし、基礎代謝も10%ほど上がります。

  そのため脂肪が燃焼されやすくなるので、痩せやすい体へと変わっていきます。

 

  • むくみ、便秘解消

  利尿作用もあり血行が良くなることから、むくみにも効果があり、腸が温まることで便秘も改善します。

 

  • デトックス効果

  腸内の老廃物を洗い流してくれます。

  内臓が温められることで動きが活発になり、消化力がアップします。

  その結果、老廃物を押し出す力もパワーアップするんですね。

 

特に体温が低い人は効果を感じやすいようです。

ダイエットの効果がなかった!という場合、元々体温が高く白湯が得意とするデトックス効果があまり発揮できないということもあるみたいですね。

 

お湯はあまり冷まし過ぎず、毎日継続することで、ダイエット効果を感じることができます。

普段飲んでいるお茶やコーヒーなどを白湯に変えるだけで、とても簡単に痩せ体質に変われます。

 

ただし白湯を飲んだから痩せる、というわけではありません。

白湯を飲むことで内臓が温まり代謝を上げてくれるということで、痩せやすい体質に変わります。

白湯を飲んでいるから大丈夫、といつも以上に多く食べているともちろんダイエットの効果は期待できません。

 

体が冷えると代謝も落ちますし、ダイエットに冷えは大敵ですよね。

体を温めることでダイエットの効果に繋がりますし、冷え性も解消されます。

冷え性の人でもエネルギーを消費しやすい体質になれるんですね。

 

白湯を飲むことで得られる効果は多く、健康や美容にも大変すばらしい効果を発揮します。

ダイエットの効果もその中の一つですが、特にお金も掛かりませんしたいした手間も掛かりません。

もちろん適量を守れば体の不調や副作用等もありません。

安全にダイエットを行うことができ、何より「ほっこり」とリラックスできるのも、良い効果♪

いいことずくめの白湯ダイエットをお試しあれ!

白湯ダイエットの方法が知りたい!

気軽に始めることができる白湯ダイエット、作り方や飲み方、タイミングや適切な量などをご紹介しますね。

 
●作り方

1.水道水でも問題はありませんが、なるべくなら浄水やミネラルウォーターなどの綺麗なお水を使用してください。

2.やかんで沸騰させるのですが、沸騰してからも10分~15分ほどグツグツと沸かします。

3.これを飲みやすい温度まで冷まします。

 

この方法はインドのアーユルヴェーダ流の正式な作り方ですが、そんな時間掛けてられない!と言う人は、夜に沸かして保温ポットに入れるのもアリ。

白湯を飲むことで体内が温まるのは同じなので、もっと簡単な作り方として、電気ポットや電子レンジで温めて飲むのも問題ありません。

マグカップにミネラルウォーターを入れ、電子レンジで2分程度(ご自身の適温で)温めます。

 

注意として、以下の2点はやらないよう気を付けてください。

  • 水で薄める
  • 温めなおす

アーユルヴェーダ的にバランスが崩れるとされ、あまりおすすめできません。

冷めてしまったら温めなおさずに新しく作り直してくださいね。

そのため、水で薄めずきちんと冷ますようにし、必要な量だけ作るようにしましょう。

 

●飲み方

一気に飲むのではなく、とにかくゆ~っくりと5分~10分ほど時間をかけて、ずずず・・・と「すする」ように飲みましょう。

 
●タイミング

簡単に言うと、朝・昼・晩・寝る前・入浴前など、1日を通して飲むのがおすすめです。

いつ飲むといいのか、タイミングなどは次の章でご紹介しますね。

 
●1日に飲む量

1日に700cc~800ccが目安です。

上記のタイミングで数回に分けて飲むようにしましょう。

白湯には高いデトックス効果があるため、飲み過ぎると必要な栄養素まで排出してしまうので、注意してくださいね。

 
●温度

あまり冷め過ぎない、飲みやすい温度でOKです。

50度ぐらいでいいかと思いますが、飲めそうな人は60度~70度でも。

人肌より少し熱めで飲むことで、内臓が温まります。

 

スポンサードリンク

 

白湯ダイエット 飲むタイミングは?

基本的に、朝・昼・晩・入浴前・寝る前など、1日を通してこまめに摂ることが大切です。

 

朝起きてすぐに飲むと、胃腸が温まり消化力がアップし、全体の代謝を上げてくれます。

朝から体の機能をしっかり動かすため、まずは体温を上げる必要があるのですが、白湯を飲むことで体を温めるためのエネルギーが要らなくなります。

そのため、毒素の排出を行うための本来の役割に専念し、エネルギーを効率的に使えるようになります。

 

食前に飲み、事前に胃腸を温めておくと、満腹感もあるため食べ過ぎ防止になります。

昼食や夕食時に飲むと、消化を助けるのでおすすめです。

 

入浴前に飲むと、体が温まりやすくなり、発汗作用が促されデトックス効果も期待できます。

寝る前に飲むと、体がぽかぽかして寝つきが良くなり、ぐっすり眠ることができます。

なお、食後に飲むと胃に水分が増え消化が遅くなり、体重増加の可能性もあるため、おすすめできません。

 

1日を通して飲むのがいいのですが、朝起きてすぐに飲むのが一番効果的。

なるべくこのタイミングは逃さないよう、飲んでみてください。

日中は外出先などでも飲めるよう、水筒に入れて持ち歩くのもおすすめです。

 

白湯の健康効果や美容効果、好転反応などについては、以下↓↓↓でご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

白湯の効果は健康にも美容にも!好転反応って?期間は?

まとめ

白湯を飲むことで、内臓の温度が上がり、脂肪燃焼だけでなく、むくみや便秘、冷え性にも効果を発揮します。

なるべく継続し体質そのものも変えることが出来たら、自身の体の変化にどんどん気付くのではないでしょうか。

そして飲み過ぎも逆効果となってしまうため、1日の適量を守り、飲む分だけを作ってゆっくりとすするように飲んでください。

夏になると冷たい物ばかりを摂ってしまい、それも夏バテの原因です。

寒い冬だけでなく夏こそ白湯を摂ることで、劇的に体が変わってくるはずです!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!