花粉症は雨の日の方がひどい!?対策はある?

花粉症って、晴れて乾燥している時の方が花粉が舞って、症状が重くなるイメージ。

でも何故か雨の日の方が、ひどく感じるんですけど!?

気のせいでしょうか?

そんな雨の日の花粉症対策をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

花粉症は雨の日の方がひどい!?

雨が降ると、花粉が舞い散らないイメージがあって、何となくホッとしていたけれど、「雨なのに」いつもより症状が重い・・・。

そんなことありませんか?

周りの人に聞いてみると、分かる分かる!と、共感が得られます。

やっぱり!気のせいではなかった。

 

雨が降ると、空中に舞っていた花粉が地上に降りてくるようです。

雨が花粉を運んでしまうんですね~。

そして、衣類に付いた雨(と花粉を)を、室内にも持ち込んでいるかもしれません!

 

雨の日は、気圧が下がり、体内の「ヒスタミン」が増え、アレルギー症状が出やすくなっているんですね。

そのため、花粉症が悪化するというより、いわゆる鼻炎だったりアレルギーが出やすい状態、ということなんです。

少量の花粉でも、反応してしまう状態となっているので、雨だからといってマスクは外さないようにしてくださいね。

 

さらに、雨で低気圧になると副交感神経が活発になり、アレルギー性鼻炎などがひどくなると言われています。

リラックス状態になることで、逆に花粉症の症状が重くなる、ということもありえるわけですね・・・。

 

そして、これはご存知の方も多いと思いますが、「雨上がり」は、地面に落ちていた花粉が、乾燥して大量に舞いあがり、それはそれは大変なことになります・・・。

注意してくださいね~。

 

スポンサードリンク

 

花粉症は雨の日にひどい 対策はある?

まずは、先ほども言いましたが、雨の日も晴れの日同様に「マスク」は必須です。

そして、以前テレビでやっていましたが、花粉は水分(雨)を吸うと破裂し、花粉がさらに細かくなって飛んでくる・・・とう恐ろしい話。

水分を吸った花粉は、破裂して粒子を作り出すんですって!!!

 

通勤や通学で電車に乗るという方も、雨の日は他の人の衣服が雨で濡れていたりします。

そこに花粉が付着していると、乾燥して舞いあがりますので、やはりマスクをしっかりとする。

この対策に尽きるようです。

 

雨の日だけに有効な対策法は特にありません。

帰宅後は、玄関先で花粉を払い落したり、シャワーを浴びたり、空気清浄器を使用する、など一般的な花粉症対策が必要ですね。

 
 

※他にも ↓↓↓ 参考にしてみてくださいね。

花粉症対策!鼻水止めたい!くしゃみや目のかゆみを何とかしたい!

花粉症の症状をチェック!和らげよう!これっていつまで?

花粉症の対策グッズはコレ!食べ物は?服装も大事!

花粉症治療の種類って?完治するの?体質改善しよう!

  

まとめ

雨の日は、確かに花粉の飛散量は晴れている時よりは、少ないのです。

ですが、気圧の関係や自律神経の働きによって、症状が重くなったりしてしまうんですね。

花粉を体内に取り込むのを防ぐために、マスクは必須です。

花粉の飛散が終わるまで、頑張って乗り切りましょう!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!